黄金色に輝く「煌穂」リング、デビュー

黄金色は、日本の秋の色彩。
からりと空を渡る秋風に揺れ たわわに稔る稲穂は 豊かさを象徴する吉祥文様として 古来より愛されてきました。
一粒一粒が豊かに輝く輪となって、 指と共に揺れ、煌めきます。

The shining gold color from rice fields is also a part of Japanese autumn’s palette.

The golden rice symbolizes wealth and has been an auspicious omens motif since ancient times.

Now you can wear it in your finger.

一つひとつ異なる宝石や、それを身にまとう人の個性や思いを丁寧に汲み取って形にする、宮川 佳朗​さんのハンドメイドジュエリー工房 ENOM さんと、東京酒店のコラボレーションジュエリー「煌穂(きらほ)」。
明日8月12日から8月17日まで、伊勢丹新宿店本館5階=キッチンダイニングデコールにて、世界初お目見えとなります!

なんと、お米の一粒一粒から作っているのです!
本物のお米農家の方も驚くくらい緻密な黄金のお米が稲穂になり、くるん、と指に巻き付く様子は、本当に可愛いです。

ぜひ、実物を見に、伊勢丹まで足をお運びくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top