Sake restaurant & shop 「めでたし」

2020年、東京酒店は「めでたし」という名の、レストラン&ショッププロジェクトを始めます。

店名の「めでたし」は古典日本語で、「愛づ(めづ)」の連用形と「甚し(いたし)」 が組み合わさったことば。

素晴らしい。
見事だ。
りっぱだ。
喜ばしい。
祝うべきだ。
などの意味で、枕草子や平家物語などでも用いられています。

誰がが心を込めて育てた食材を、料理人が愛でながら仕立てます。
そして誰かが真剣に醸したお酒と一緒に、誰かの手で造られた器に載せて、お出しします。
今、私たちは本当にたくさんの物に囲まれて暮らしています。あまりにも効率的に手に入るため、当たり前のことのように感じてしまいがちですが、一つひとつに目をかけ耳を傾けると、みんな貴重で、特別なものだと知ることができます。「愛でる」ということは、それぞれの持つ個性に気がつき、その素晴らしさをしみじみと褒めたたえることだと考えます。

「めでたし」に揃うのは、誰かの思いと行動によるものばかり。
それを召し上がるお客様が、「わたし」を愛でる時間になれば幸いです。

一部のお酒や調味料等に限定されてしまいますが、気に入ったものがあればお持ち帰りすることもできます。

オープン時期など詳細が決まりましたらお知らせします。

Scroll to top