Posted on 3月 12, 2019

熱い思いが青山に集結!「がんばろう広島酒蔵の会」

Posted in Brewery, Event / Seminar
Comments Post a Comment

「飲んで、出会って、つながってほしい。」

昨年7月の西日本豪雨災害で多くの酒蔵もダメージを受けてしまった広島のお酒を飲むことで、それぞれが広島と繋がるようにと、広島県、広島県酒造組合の協力を得てプレジデント社が企画・運営した、とにかく熱いイベントが、2019年3月9日(土)の午後、青山スパイラルホールにて開催されました。

美しい瀬戸内のポスター

まだまだ造りの時期のさなか、貴重な時間を縫って22もの蔵が集まり、33もの蔵のお酒が並び、恵比寿「GEM by moto」千葉 麻里絵さんプロデュースによる本気のペアリングを体験できるとあって、250名分の前売り券は発売数時間で完売となりました。

千葉さん監修のペアリングは、4つのお酒タイプごとに、双方の魅力的な個性を引き出し合うフード2種類を体験できるというもの。
まずは「A 果実や花のような香りで、華やかだけどすっきり系」のお酒6種類と、「アボカドの西京漬け」と「苺と春菊の白和え」。

お酒の香りの成分と、オリーブオイルやアボカドの脂肪酸が共通項となったり、白和えの春菊の苦味によって、苺の甘みが引き立って、乳酸感のある美味しさを感じられたり。春らしさも感じられるウキウキなペアリングを楽しめます。

次は「B 洗練された穏やかな香りで、バランスの良い食中酒系」のお酒に、「魚のフリット タルタルソース」と「ポテトサラダ 塩昆布」のペアリング。Aに比べて香りは控えめの、メロンやバナナのような、瓜っぽい印象の穏やかな香りに、お米の甘い旨味が広がり、食べ物に寄り添うタイプのお酒です。広島は他県のものより少し重厚感があると言います。漬物入りのタルタルソースの酸味、ポテトサラダの塩昆布のミネラル感との相乗効果も楽しめました!

そして「C 円熟した甘味とコクがある、味わいしみじみ系」のお酒には、「八角香る牛肉まん 燻製ナッツ」と「セロリのココナッツおひたし」と。
お米本来のコクや旨味を持ちながら、同時に直線的に、縦に広がる印象があり、ながーくじんわり飲み続けられるような心地よいお酒。そこに、ココナッツや八角といった個性的なスパイスを加えることで、絶妙な複雑味が生まれます。

最後は「D 味が重層的で、複雑味が広がるしっかり系」に、「蕗と羊チーズのマカロニサラダ」「いちじくがっこチーズ」の組み合わせです。酸味・甘味・熟成感がしっかりあり、味の幅も広く複雑味のあるお酒に、骨太な酸味・複雑な香り・苦味のありフードをかぶせることでより重層的な展開を見せるペアリングです!

他にも、被災した於多福さん、龍勢さん、白鴻さんの3蔵の、スペシャルカクテル・スイーツや、梅酒やレモンジンジャーなどのリキュール、スパークリング、濁り酒も揃い、本当に多種多様なお酒の楽しみ方を体験できました!

極め付けには、神楽坂「蒼穹」の多田さんと、三軒茶屋「ジョーズマン2号」のジョーさんによる、ロングセラー酒のお燗酒コーナー!プロの技で温められることで現れてくるお酒の表情に、散々飲んだ人たちも再び驚き感動し、美味しいお酒は私たちを底なしにすることを知らされるのでした。。。

このイベントには、広島から東京から、日頃から広島酒を愛し広げている酒販店さん、有名飲食店さんなどなど、たくさんのプロがスタッフとして参加しました。蔵元さんも、スタッフも、お客様も、広島酒への思いに満たされた、とても幸せな3時間でした。
この時間をきっかけに、多くの人の心に広島のお酒が、そのお酒に関わっている人たちの思いが染み込んだことと思います。
まだまだ、復興途上で、踏ん張り続けなければならない酒蔵さんもあるのが現状。「飲んで、出会って、繋がって」、そうすることによって、みんなで前に進む力になるんだと確信しました。

Posted on 2月 25, 2019

酒蔵が地域コミュニティを育む〜毎月開催「にいだのスイーツデー」

Posted in Brewery
Comments Post a Comment

福島県郡山市田村町にある仁井田本家では、毎月第四土曜日に、「にいだのスイーツデー」というイベントを開催しています。東日本大震災の後に始められたその取り組みでは、お酒も振る舞われますが、むしろメインはお酒以外。
自然米糀の甘みが優しい、仁井田本家の蔵人が作るプリンや「こうじチョコ」(カカオと砂糖・生クリームのチョコレートとは異なります!)、「こうじキャラメル」(同じく)といったスイーツや、天然酵母で焼き上げられたパンや、無農薬・有機栽培のお米や野菜、民芸品やお惣菜などの生産者が近隣から集います。

仁井田本家の女将、真紀さんが旗振り役となって作られる「酒粕プリン」、「こうじチョコ」、「こうじキャラメル」は、砂糖ではなく、自然米糀による濃厚な甘さを生かしたもの。もちろんノンアルコール、砂糖不使用です。ビタミンやアミノ酸など、体に良い天然の有効成分が豊富で、発酵パワーがスイーツにもたらす新しい可能性を感じられます。

Posted on 11月 29, 2018

<Sake2020>SAKE SALON(21)-福光屋(石川県)

Posted in Brewery, Event / Seminar
Comments Post a Comment

「SAKE2020プロジェクト」の活動の一つ、酒蔵の方をお呼びしてそのお蔵のお酒を片手に英語で日本酒を語り合う「sake salon」の第21回目を2018年11月29日、虎ノ門の「日本の酒情報館」にて開催しました。今回のゲスト蔵は、石川県金沢の福光屋さんです。

Fukumitsuya founded in 1625 is the oldest brewery in Kanazawa city, located on the coast of the Sea of Japan in Ishikawa prefecture.
Fukumitsuya is a “traditional sake brewery,” meaning that all of its sake is made by hand using sake making skills and methods that have been passed down from generation to generation.
At the same time, the brewery is dedicated to continuous innovation to create the highest quality sake from nature for its customers. Since 1960, the brewery has been closely cooperating with their sake rice farmers to produce the best premium sake rice for their sake.

The mineral water to brew their delicious sake comes from “Hyakunensui,” which is water that has come from rain and snow at Mt. Hakusan and over hundreds of years has slowly filtered through the ground becoming rich in minerals that aid in the fermentation process and are essential for producing great tasting sake.

In 2001, Fukumitsuya became the first major brewer to produce only “Junmai sake,” which is sake made solely from natural ingredients consisting of the finest quality sake rice and mineral water. Fukumitsuya is also famous for being one of the leading breweries to also make mature, aged sake.


Posted on 10月 25, 2018

#20 Sake salon of the sake2020 project w/作 ZAKU

Posted in Brewery, Event / Seminar
Comments Post a Comment
Mr.Shinichiro Shimizu, the president of Shimizu Seizamuro Shoten ltd.

On 24th Oct., the 20th sake salon of the sake2020 project was held with Shinichiro Shimizu, the president of the brewery in Mie prefecture.

ZAKU sakes

“Zaku” is undeniably one of the most popular and well-known brands of sake available in the market today. “Shimizuseizaburo-Shoten,” the brewery which makes “Zaku” is located in Mie prefecture in Suzuka city, which is also famous as a location of the “Suzuka Circuit,” a Formula One racetrack. Blowing down from the mountains, the cold, winter wind called “Suzuka Oroshi” helps give “Zaku” its clear, crisp taste.

The bottle design of ZAKU IMPRESSION is traditional ISE-KATAGAMI. It’s so beautiful.

Very sophisticated, fruity aroma and the delicate, clear taste of “Zaku” has been popular with sake fans for a long time, but its popularity surged after it was chosen as the Kampai sake of the 2016 G7 Summit held at a beautiful coastal resort in Mie prefecture.

Ise Shrine

Mie prefecture is typically less well known outside of Japan but it is the home of Ise Shrine, a very sacred shrine of great cultural and historical significance to the Japanese people. Since Edo times, people have made a pilgrimage to Ise Shrine and for many people it is the dream of a life time to visit there. The constant flow of visitors to Ise Shrine has led to the development of a rich food culture which includes delicious Matsuzaka Beef and Matoya Oysters. With great food you can often find great sake and Mie is no exception.

Posted on 9月 01, 2018

Sake Historia #3 – Mr. Senzaburo Miura and Hiroshima’s sake

Posted in Brewery, Event / Seminar
Comments Post a Comment
Mr. Haruo Matsuzaki, Mr. Tatsuya Ishikawa from Taketsuru, Ms. Miho Imada from Fukucho, Mr.Shigeru Mukuda from Kamotsuru

On 1st September, The sake 2020 project held the sake event named ‘Sake Historia’ #3 with the aim to learn about modern history of sake, because the foundation of sake of today has been established at that time.

We focused Mr. Senzaburo Miura(1847〜1908), the great man of the Meiji era and Hiroshima’s sake.

Mr. Miura wad born in a big general store, but he started his own business of brewing sake in 1876. After 4 years of big failure, he found that the water of Hiroshima does not fit with the way of sake brewing of the day.null

Mr. Haruo Matsuzaki told about Mr. Senzabuto Miura’s life and his sprit.
Mr. Tatsuya Ishikawa, great TOJI of Taketsuru sake brewing company, told about the strength of Hiroshima’s sake.
Panel discussion
Delicious cheese
Oyster!
Kamitsuru GOLD

Mr. John Gauntner
Niboshi

Posted on 11月 07, 2016

NAMI sake – the 1st sake brewed in MEXICO

Posted in Brewery

On 5th Nov., I had a really sensational and great time at the sake seminar held by Mr. Haruo Matsuzaki!

セカイのおSAKEの生き字引、松崎 晴雄先生による【日本酒市民講座・番外編~SAKEは世界の共通語・メキシコ編】が2016年11月5日に恵比寿のメキシカンレストラン「ZONA ROSA」さんで開催されました。それはとても衝撃的な夜でした。

NAMI sake is the 1st sake made in Mexico, in Culiacán, Sonora.
Mr. Koji Yamada, the CEO and the TOJI of Michizakura has been provided technical training and advice for 2 years. At the seminar, we could taste 5 sakes including 2 sakes brewed by only Mexican brewers. It’s really SAKE, it’s amazing.
NAMI は、メキシコで作られる初めての本格的な高品質のSAKE。「三千櫻」の蔵元杜氏、山田 耕司 さんの2年にわたる技術指導を受けています。今回味わうことができた5種のSAKEのうち2つは、山田さんが日本に戻ってきてから、現地のスタッフのみで醸したもの。それが、、、びっくりするほど美味しい!
使用されているのはアメリカ経由で送った、日本の山田錦。日本での酒造りでは考えられないほどの硬水のメキシコの環境では、お米は一気に溶けてしまうとのことで、日本とは異なる「大変な思い」がたくさん、たくさんあったようです。

そんな試行錯誤を乗り越えて出来上がって、そして日本にやってきたお酒達・・・。
それぞれ、酸や旨味、そして苦味などがバランス良く混じり合い、濃厚なメキシコ料理ともイキイキと合っているように感じました。とても美味しいかったのです!

The top brewer of NAMI is very young Mr.Ernesto Reyes. He was working at a laboratory related food until 2 years ago. yes, It has been only 2 years since his 1st sake experience!
NAMIの醸造のトップ(なんとなくまだ「杜氏さん」とは違う感じがしちゃいます)はまだ20代!お若いErnesto Reyesさん。彼は以前、食品関係の研究をされていて、2年前にNAMIのオーナーに見初められて酒造りに関わることになったとのこと。日本酒を飲んだのは、もちろんその時が初めて✨

The equipments of NAMI are very gorgeous because the passion of the owner is ‘real’. And they had a good fortune to get awesome support by Mr.Yamada.
NAMIのオーナーの情熱は本物で、しかと豪華設備を整えており、さらに、山田さんの類い稀なる協力を得られるという幸運にも恵まれております。

Mr. Koji Yamada, the CEO and the TOJI of Michizakura
「三千櫻」の蔵元杜氏、山田 耕司さん。

  

Mr.Ernesto and 2 brewers will train at Michizakura this winter. I believe they will learn not only technical things but also the sprit of sake brewing.
この冬、Ernestoさんと2人の蔵人さんが三千櫻さんにて研修されるそう。技術的なことのみならず、「お酒造りのこころ」を感じ取り、メキシコに持ち帰ってもらいたいな、と、ワクワクですー!!

Posted on 11月 01, 2016

Visiting GOKYO, Sakai brewery in Iwakuni, Yamaguchi pref.

Posted in Brewery

Sakai Brewery brews one of my favorite sake brand GOKYO(五橋). The brewery was established along NISHIKI river in Iwakuni city in 1871 and the name GOKYO comes from the KINTAIKYO(錦帯橋) , a beautiful and historical wooden bridge with well-designed unique five span arches.

平成28醸造年度が始まったばかりのお忙しい時期に、私も大好きな「五橋」 を醸されている酒井酒造さんにお邪魔してきました。酒井酒造さんは1871年、明治4年に岩国の錦川沿いに創業。銘柄名の「五橋」は、錦川にかかる美しい5連の木造の歴史的な橋「錦帯橋」に由来しています。

Posted on 10月 26, 2016

Visiting Shintani brewery in Yamaguchi

Posted in Brewery

Shintani brewery is one of the smallest sake breweries located at Tokuchi area in Yamaguchi city, Yamaguchi prefecture. These smiling Mr. and Mrs. Shintani have been managing it and brewing sake in Four Seasons – it’s called as ‘Shiki Jyozo’ – from 2007.
新谷酒造さんは、山口県山口市徳地にあるとてもとても小さな酒蔵です。2007年より、この笑顔の素敵な新谷さんご夫妻で、冬季のみならず一年中酒造りを行う「四季醸造」の酒蔵を切り盛りされています。

Scroll to top